30代からの期間工、メリットとデメリット、どの会社を選ぶべきか?

ちわ!ふぐりっす( ^ω^)

ただいま愛知から地元京都へ移動中です。新幹線の中ですることがないのでスマホでシコシコブログ執筆中です。

1年くらい前までパズドラにハマってたんですが、最近はまったくゲームをやらなくなりました。マンガもコミックが発刊される時しか読まないので暇つぶしにすることがなくて困ってます。

何かいいものがあれば教えてください(´・ω・)



30代からの期間工

では本題に入ります。

今日は私と同じ30代から期間工に挑戦しようと考えている方向けの記事になります。私が期間工を始めたのは20代後半ですが、トヨタ自動車を経て今年3月にデンソーを3年満了した際には30代になっていました。

1ヶ月前まで無職だったので、その時を思い返しもしもう一度期間工をするならという気持ちで考えて書いていきます。

30代でも期間工やれる?

30歳を超えていても未経験から期間工を始めることは可能です。体力的な問題・採用して貰えるのかという問題がありますが、いずれもほとんど心配はいらないでしょう。

体力的な問題に関しては年齢によってある程度配慮して配属や担当工程を決めてもらえますし、自動車関連の工場はどこも人手不足なので30代40代でも歓迎してくれます。

やりたいという気持ちさえあれば、30代から期間工を始めることは可能です。トヨタ自動車でもデンソーでも好きな会社を選んで働くことができます。

邪魔になるのは期間工に対する悪いイメージ(世間体など)だけだと思います。

メリット

30代から期間工になるメリットは2つしかありません。

メリット
その1:高収入を得られる
その2:社員登用の可能性がある
1:高収入について

期間工になれば手取りで年間400万ほどのお金を貰うことができます。

月25万×12ヶ月=300万 満了金50万×2回=100万

手取り400万は30代後半男性の平均値なので、期間工に流れ着いた方のスペックを考慮するとかなり良い条件なのではないでしょうか?私も期間工を始める前に在籍していた会社ではこんなに貰ってませんでした。

特に高卒で転職を繰り返している私のような人は年収がなかなか上昇しませんから、期間工の金銭面の待遇はとても魅力的でした。無料で寮に入れるので、貯金額を比較すると前職とは比べ物にならないくらい上昇しました。

2:社員登用について

自動車業界大手は技能職(ライン工)の中途採用を一般募集していません。社員になる方法は期間工からの登用に限られます。

多くの会社で年2回から4回ほどの社員登用の機会があります。

受験回数に制限があるので、実際に受験できるのは3年間で2・3回になりますが、年齢制限はないので30代からでもチャレンジできます。

現実的には40歳が社員登用の限界と言われていますが、トヨタ自動車では50代で受かった方がいるので会社ごとに採用方針は大きく違うようです。

合格率は年度や各工場の状況によって異なりますが、全体で10%から15%程度です。大きな期待はできませんが、複数回受験できることを考えると課長級以上のプッシュがあれば社員登用に現実味が出てきます。決して低い確率ではないので創意工夫(改善提案)など目に見える実績を作って挑戦しましょう。

デメリット

残念ながらデメリットは数えきれません。

コンビニのバイトをやっているのと同じと考えてください。期間工の社会的評価はフリーターと同じです。フリーターを長期間やっていた場合と同じデメリットが期間工にも生じます。

  1. スキルが身につかない
  2. 努力が給料に反映されない
  3. 無駄に年を重ねる
  4. 怪我や病気でクビになる
  5. 転職が難しくなる
  6. 生涯賃金が減る可能性

一度期間工をやると正社員の仕事に戻りたくてもなかなか戻れません。

期間工になることで一時的に収入が増えても、ずっと期間工のまま定年を迎えたら・・・生涯賃金は間違いなく減ります。

期間工スパイラルに片足を突っ込んだ私のようにならないためには、目的意識をもって期間工を利用するしかありません。一時的に能力以上の金額を稼がせてもらっているだけなのです。

どんな人にオススメ?

期間工になるメリットで挙げましたが、高収入が必要な人以外が30代から期間工になるのは危険だと思います。

高収入が必要な人とは主に事業をやろうとしている人です。それも計画段階ではなく、あとはお金を貯めるだけといったように、準備がほぼ完了している段階まで行って資金を期間工で稼ぐのをオススメします。

半端な覚悟で期間工を始めると時間の経過と共に迷いが出てくるので、相当強い動機が必要になります。

お金を貯めてから何かをしようと思っても、スキルのない人間にできることは何もありません。私も必要な資格を取ったのはいいけれど、実務をするに関して必要な知識と言語の習得を怠ったばかりに遠回りをしてしまいました。

30代は期間工になったら後戻りが難しくなる年代です。これから事業主として生きていく覚悟ができた人が短期的に資金を貯めるために期間工を利用するのがいいでしょう。

社員登用は人生の保険として興味がなくても受けておくべきです。私は何かと理由をつけて逃げていましたが、今思えば勿体無いことをしたなあ・・・と反省しています。

どの会社がオススメ?

30代から期間工になる方にオススメする会社はデンソーです。

オススメする理由は以下の通りです。

  1. 給与・満了金が高い
  2. 仕事が軽負荷
  3. 工場が比較的綺麗
  4. 女性の割合が多い

給与が高いのが一番ですが、あまりに環境が劣悪で途中で辞めたくなってしまうリスクがある会社はオススメできません。その点デンソーは部品工場なので体力的な負担が少なく、空調が整っている職場が多いので他社に比べると快適に仕事ができる確率が高いです。

社員登用を考慮すると実績十分のトヨタ自動車とアイシンAWも視野に入ります。この2社を比較するなら即答でトヨタです。満了金が違いすぎますし、社員の質も雲泥の差です。

単純に稼ぎたいならデンソー、社員登用も視野に入れるならトヨタをオススメします。

まとめ

期間工の悪い面ばかり強調した記事になってしまいましたが、目を背けたくなる現実に蓋をしてメリットばかり叫ぶのもどうかと思ったので、感じたことをそのまま書きました。

自己責任で今後の人生をよいものにするために上手く期間工を利用してください。

では、今日はこんなところです。

よい休日を( ^ω^)






6 件のコメント

  • 最近も期間工をやたらとすすめる現役期間工ブログを複数みて辟易していました。

    とりあえず期間工で金ためて~と主張したりするんですが、ふぐりさんの仰る通り、とりあえずでなってはいけないんですよね。

    しかも行った事の無い会社をすすめたりとかね。

    • 自分もよく考えないで期間工に流れた人間なので人の事言えないのですが、満了して正社員の面接で厳しい状況になると本当に期間工やってよかったのか?と自問自答してしまうんですよね。
      期間工を利用するのか、期間工に利用されるのか・・・本人次第でしょうね。
      期間工をやたらとすすめるのは広告料目的でしょうね。私のように自分の体験談のみで細々とやってても限界が来るので、ガチでアフィをやろうと思ったらそういう形式のブログになってしまうんでしょう。

  • すみません。質問です。
    デンソー期間工2年満了して2年以上たつ者ですが、何回かデンソーの選考会受けたのですが。不採用です。D評価だと
    もう2度と採用されませんか?
    以前、噂で2〜3年で消えると聞いたの
    ですが、、、

    • 個人情報は最低でも3年以上は保存されてますので、仮に退職時評価が悪くて2年経過後だと厳しいかもしれませんね。
      どの評価だと採用されないとかは人事しか分からないので、出回っている情報はあまり当てにはしない方がいいと思います。

  • 僕の意見ですが
    年収400万「デンソーだともう少し上」
    この条件で完全交代制での給与
    これで体壊す
    数ヶ月の短期契約でいつ切られるかわからない
    これは明らかに社員さんから目が辛い、、
    そしてこれ以上給与が上がらない、、これが致命的
    これだとどうもデメリットが多く、これだと普通にどこかで
    就職した方がいいような気がします。
    30代ですと普通免許や資格持ってれば行けるので
    期間工は最後の手段だと思います。
    正社員と期間工や非正規との争い、、僕はくだらないと思います。

    • デメリットが多くても楽で高収入だから流されてしまうんですよね。
      私も期間工は最後の手段だと思っていましたが、お金につられて簡単に期間工になりました。
      お金に余裕があると気持ちにも余裕が生まれて「期間工は恥ずかしい」と思わなくなります。
      みんながみんな正社員になって幸せになれる訳ではないですし、生き方によってはプレッシャーの無い期間工という選択もありだと思います。
      普通にどこでもやれる能力のある人は勿体ないと思いますけどね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。