デンソー期間工の退職手続き、書類がようやく来たよ~

どうも~ふぐりです( ^ω^)

来月の上旬にデンソーを3年満期で退職するのですが、ようやく退職手続書が私のもとに届けられました。

寮事務所に「3月退社の人は早めに書類を出すように」と掲示されていましたが、全然書類が来ないので少し心配していたのですよ・・・

今回は手続書と一緒に

  1. 退職日当日の案内
  2. 退職後の健康保険について
  3. 鍵の返却方法

についての書類を貰いました。

現役のデンソー期間工にとって退職時の手続きは関心が高いことのひとつだと思います。

期間工は最長で3年しかできないので、入社する段階から次のことを考えている方も多いのではないでしょうか?

私は単純にお金目的で来たので、次なにしようかいまだにグダグダ悩んでますが・・・

悩んでいるうちに気になっていた会社の募集が締め切りになってしまい、ちょっとヤバイ状況になってきました。



退職までにすること

退職までにしなければならないことはそれほど多くありません。

  1. 退職手続書を記入する
  2. 退寮日を決め、退職手続書を寮事務所に持っていく
  3. 退職手続書を職場上司に提出する
  4. 寮の部屋の片づけ・掃除を少しずつ始める

退職手続書を貰ったら、所属・氏名・退職後の住所など必要事項を記入します。

退職後の住所が未定の場合は実家の住所で良いでしょう。

私は次の仕事が決まっていないので西尾市周辺でアパートを借りる予定ですが、借りるまで待ってもらうことはできません。

手続きをスムーズに行いたいので、とりあえず実家の住所を記入しておきました。

記入が終わったら寮事務所に書類を持っていきます。

その場で退寮日を決める必要があるので、あらかじめ考えておきましょう。

ポイント
土日は退寮者が多いので早めに予約を
月をまたぐと寮費が7,000円全額発生するよ

追記:月をまたいでも寮費が発生しなかったという情報提供あり。数日程度なら発生しないのかも?

また、退寮チェックシートが配布されます。

掃除や不用品の処分など退寮までにやるべきことが記載されていますので、それに従い退寮日に間に合うように部屋を片付けましょう。

退職手続書は、寮⇒職場上司⇒人事の順に持っていきます。

説明書きと少し違うので注意です。

退職日のスケジュール

デンソー期間工の退職日のスケジュールについてまとめました。

善明製作所に勤務している方向けのスケジュールのため、他の製作所勤務の方は若干異なると思います。

退職日の週は昼勤で出勤します。

夜勤の時間帯は人事・勤労が不在で退職手続きができないため、退職日の週は強制的に昼勤に変更になります。

同じ直で退職を迎えたい場合は、有休を残しておいてうまく調整しましょう。

勤続2年半経過後に新たに有休が12日付与されるので、調整はカンタンだと思いますよ~

当日朝:昼勤で出勤

提出物を忘れると取りに帰らないといけません。

忘れないように持っていきましょう~

持ち物

・退職手続書・印鑑・従業員証
・IDカード・保険証

午前:いつも通り

普段と変わらず作業をすることになると思います。

反対番になった場合は自分の持ち場に人がいるため、いつもと違う作業や掃除などの雑務をやらされるかもしれません。

お昼休憩:いつも通り

デンソーで最後の食事です。

思い残すことがないよう慎重に選びましょう・・・善明の食堂は不味くもなければ美味しくもありません。

自分だったらチーズインハンバーグか味噌カツが食べたいな。

午後3時まで:いつも通り

ここまでいつも通りです(´・ω・)

退職日感が全然ないですね~生産第一の工場なので仕方がないのかもしれませんが。

午後3時になったら・・・

おめでとうございます!これにてデンソーでの仕事はおしまいです。

同僚とお別れのあいさつをしてから善明製作所の勤労で手続きをします。

善明では工場で使用していたロッカーや靴箱の鍵の返却くらいでしょうか?ほとんどの手続きは入社時もそうでしたが、西尾製作所の人事にて行うようです。

午後3時半になったら・・・

西尾製作所行きのバスが午後3時半にあります。

出発時刻に間に合わないと大変なので、余裕をもって移動したいですね。

車通勤の方は車で移動することになります。

退職手続きとその後

西尾製作所での手続きの内容と手続き終了後の様子については、実際に退職日にならないと私には分かりません。

また後日記事を投稿しますね( ^ω^)

今日は16時頃に雪が降りました。

まだまだ寒い季節は続きますね~3年前に入寮した日も3月なのに凄く寒かったことを思い出しました。

でわまた~






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。