怪我や病気になるといろいろ大変、就業禁止になったら経済的に大打撃

今週に入ってから悪いこと続きです(´・ω・)

月曜の出勤前にテーブルの脚に足の小指を強打し内出血。更に帰宅後、コンタクトを作るために眼科併設のコンタクトショップに行ったら結膜炎と診断されました。

肉体労働じゃないけど立ち仕事でそれなりに歩くので小指の怪我は結構キツイ・・・定時で8時間、プラス2~2.5時間の残業が当たり前の職場なので10時間以上立ちっぱなし。

午後になると身長が少し縮んで検査台の高さが合わなくなるので、昼休憩後に台の高さを少し落とします。意外と足に負担がかかる仕事なんですよ。

そういえばトヨタにいた時、魚の目がなかなか治らず辛かったことを思い出しました・・・やっぱり工場の仕事は足の健康が一番大事。

今はこんな感じです。

腫れはだいぶ収まったけど、靴を履いて歩くと薬指との摩擦でめっちゃ痛いです。

今まで小指をぶつけて腫れたことなんてなかったのに・・・何で今回だけ?

内出血は2・3日で引くと思うのでそれまで我慢するしかないですね。こんなアホみたいなことで休みたくないですし。

こういった小さな怪我はそれほど問題ではありません。会社で仕事中に怪我した場合は別ですが、自分がちょっと我慢すれば済むことですから。

問題なのが病気です。

自分が「大丈夫だよ仕事に支障ないし!」と言っても会社のルールで就業禁止になってしまう場合があります。

特に感染症には気を付けないと経済的に大打撃を食らいます。



就業禁止になる病気とは?

それぞれの会社によって違いがあります。

法律で定められた病気のほか、会社の就業規則によって就業を禁止する病気が定められています。

私が現在勤めているデンソーで就業禁止になる病気は以下の通りです。

全て書くと長くなるのでかんたんにまとめました。

  1. 結核・新型インフルなどの感染症
  2. 統合失調症などの精神疾患
  3. 感染性皮膚炎
  4. 感染性眼病・視力障害のある眼病
  5. 心臓などの病気で労働で悪化する恐れがあるもの

人にうつしたり仕事に影響が出る病気はダメですよ~って感じですかね。

今の時期だとインフルエンザが心配ですね。私の職場でも毎年誰かが発症して欠勤しています。

役職者は無理やり3日くらいで復帰していますが、一般社員や期間工は完全に回復するまで来るなと言われます。

インフルは熱が下がるまで時間がかかるので大変ですね・・・職場に体温計が置いてありますし、治ったと嘘をついて出勤することができないので、有休がない人・少ない人はお金の面で大変です。

万全な状態で復帰するには1週間くらい休みが必要です。

いざという時のために最低5日は有休を残しておいた方がいいと思いました。

5日あれば前後の土日を含めて9日間休めるので、安心感を得られます。

春になって暖かくなっても安心できません。4月になってもインフルエンザは流行しますし、GW前までは体調管理や感染症の予防に気を付けたいです。

私の結膜炎の症状は?

次は結膜炎のお話です。

いつもはコンタクトをAmazonで購入するんですが、視力検査をしたかったので実店舗に行ってきました。

眼科併設の店舗なので最初に眼科医の診察があります。

そこで結膜炎と診断されてしまいました・・・よくコンタクトを付けたまま寝てしまう事があって、それが原因のようでした。

結膜炎は眼病なので就業禁止になってしまうのでは?ちょっと困ったことになったなあ・・・と思いました。

しかし、すべての結膜炎が就業禁止に該当する訳ではないみたいです。

感染性のある結膜炎が対象になります。アレルギー性など感染性のない結膜炎の場合は大丈夫のようです。

流石に目が真っ赤になっていたり、視力の一時的な低下がある場合は無理だと思いますが。

私の場合ですが・・・見た目では全く分かりません。

充血も出血もまぶたの浮腫みもない、痛みも違和感もない、自覚症状がひとつもないんですね~言わなければ絶対にバレない症状です。

これ以上は言えませんが、みなさんも私のようにならないように目の健康には気をつけましょう!

ではまた( ^ω^)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。