元トヨタ期間工がデンソーに来て感じたこと、雰囲気や環境の違い

f:id:k-fuguri:20161117173517j:image

いや~かなり寒くなってきましたね。

夜勤帰りの時間帯になると気温が一桁です。

まだ作業着だけで我慢してますが、次の土日に通勤用のダウンを買わないとヤバそうです。

さて、来年の春で3年満期を迎える私ですが、デンソーに来る前はトヨタにいました。

同じ期間工なので職場環境に大して差が無いように思われがちですが・・・

デンソーに来た直後はいろいろと戸惑うことがありました。

今日は昔を思い出しながらいろいろ書きます。

期間工への応募から面接・赴任までの流れについては割愛させていただきます。

もちろん違いはありますが、スケジュール的なものは調べれば簡単に見つかります。

それよりも職場配属されてからの方が重要であり、みなさんが知りたいことなのではないかと・・・

「仕事は楽だけどデンソーの雰囲気が自分には合わなかった」

こう言って辞めていく方・・・少なからずおります。

なぜ辞めてしまうのか?この会社の何が不満なんだろう?

他人には分からないことってありますよね。

今回はメンタル的な部分を中心にお話していこうと思います。

スポンサーリンク


デンソー期間工の年齢層について

期間工に年齢制限はありません。

これはどこの会社も同じだと思います。

「実際は40歳以上は採用してないんでしょ?」

「高齢だと経験者しか採用してないんだよね?」

そんなことないです。

私が経験したのはトヨタとデンソーの2社だけですが、いずれも18歳から50代後半まで現役世代が揃っていました。

いかにもベテラン期間工っぽいおじさんに他社の話を聞きたくて話かけたら、なんと工場未経験の方でした。

めっちゃ失礼な話ですよね・・・(笑)

もちろん経験は重要だと思います。

しかし、この人ならウチでやっていけそうと面接官が判断すれば合格なんです。

期間工の仕事は誰でもできる作業なので、真面目に働いてくれれば誰でもいいんです。

最終的にはその方の人柄なのではないでしょうか。

年齢層の比率についてはトヨタとデンソーは少し違いがありました。

トヨタ期間工

10代:5%
20代:40%
30代:40%
40代:10%
50代:5%

やはり20代が一番多いですが、30代も次いでかなり多かったです。

デンソー期間工

10代:5%
20代:55%
30代:30%
40代:7%
50代:3%

20代の若い人が大半、特に沖縄の人は若い人が多いです。

あくまで私が研修会場で見た際のイメージなので、比率に誤差があると思います。

これから応募される方は参考程度と思っておいてください。

ただ、確実に言えることはデンソーの方が若い方が多いということです。

ベテラン期間工の方は若干居心地が悪いかもしれません。

デンソー期間工の女性比率について

これがデンソーと他社の大きな違いです。

私がトヨタの受入教育を受けたとき、同期は150人以上いました。

その中に女性もいましたがわずか2人でした。

そのとき研修担当者に話を聞くと、女性が来ない日も多いとのこと。

トヨタでは田原工場の第1組立課で働いていましたが、半年間で女性は4人くらいしか見かけませんでした。

ウチのラインにも隣のラインにも女性はいませんでした。

どこで何をやってる人なのかな?と期間工の話題になってましたから、それくらい女性はレアでした。

では、デンソーは?

なんと・・・3割ほどは女性です。

製作所によって差があると思いますが、他社に比べて女性は本当に多いです。

一番多いのは半導体デバイスのある幸田製作所ですが、その他の製作所も女性は多いです。

トヨタに比べたら何十倍も多いと思います。

これが職場の雰囲気に大きく関わります。

男ばかりで殺伐としたイメージはデンソーにはありません。

期間工の底辺なイメージとは無縁の光景が広がっています。

他社を経験された方はビックリすると思います。

女の子が大好きな方にはピッタリの職場ではないでしょうか。

もちろん私もそのひとりです。

しかし、自動車工場の殺伐とした雰囲気に慣れてしまった方はどうなんでしょう?

逆に働きにくいと感じる方もいるのかもしれません。

デンソーの作業は隣の人と話をしながらできる簡単なものが多いです。

床が動いている車体メーカーのライン作業とは大違いですね。

トヨタで話しながら仕事をしたら流されて遠くに行ってしまいます。

デンソーも一応ライン作業ですが、機械が自動で加工してくれるので作業者が慌ただしく動き回ることはありません。

楽なのはいいことです。

しかし、ちょっとした言葉のやりとりで人間関係のトラブルになる事もあります。

悪い人がいないことを願うしかありませんね。

自分の居場所について

トヨタの場合、ラインに配属後は基本的に満了までずっと同じ仕事です。

サイクルタイムの変更で作業が追加されたり、逆に減ったり・・・ということはあります。

しかし、ベースとなる作業に変わりはありません。

自分の持ち場が変わることは基本的にないのです。

では、デンソーは?

入社から3年満期までずっと同じ仕事ということは殆どありません。

デンソーは部品メーカーなので、車体メーカーの生産状況に左右されるということが大きな理由です。

例えば、トヨタが天災や事故の影響でラインを計画停止したとします。

トヨタはカンバン方式(部品を必要な時に必要な分だけ仕入れる)を採用しています。

ラインが止まれば部品が減らないのでトヨタは部品を発注しません。

デンソーも余分な在庫を抱えたくないので生産を減らします。

生産を減らすためには残業を減らせばいいのですが、元々残業が少ない職場ではラインを減らす(人を減らす)ことで対応します。

その調節弁として利用されるのが期間工です。

デンソーは人件費に関しては非常にシビアです。

生産計画に対して最低限必要な人員だけを確保し、余分な人員は他部署へ割り振ります。

今月忙しくても来月はどうなるのか分からないのがデンソーです。

デンソーはトヨタのみならず国内外多数のメーカーに部品を供給しています。

各メーカーの新製品発売・リコールなどにも大きな影響を受けます。

「うちは残業1時間だけど、〇〇課は海外向けだから凄く忙しいみたい」

「〇〇の売れ行きが予想以上に好調だから、来月も残業頼むよ」

職場ごとに状況は様々で、いつどうなるのか誰にも予想できません。

同じ職場で・同じ作業を・毎日同じだけしている方もいれば、複数の職場をたらいまわしにされる可哀想な方もいます。

そういった扱いに耐えられず辞めてしまう方も少なからずおります。

上司に文句を言う人はごく少数なのでなかなか表面化しませんが・・・

更新しない理由の上位に来るのではないでしょうか。

まとめ

デンソーは他社と比較して若い人が多いです。

女の子も全体の3割くらいいます。

仕事は生産計画に左右されます。

3年間ずっと同じ仕事ということはほぼないです。

他の職場や工場に移動になる可能性も。

環境が変わるのが怖い方、メンタルが弱い方は注意してね。

楽して稼げるけど良いことばかりじゃないよ。

以上です。

昨日給与明細をいただいたので、次回の記事で公開しますね。

でわでわ!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。